BMキャピタル

注目ファンドBMキャピタルのリアルを徹底解説

bm-capital-real

BMキャピタルとは

資産運用をしている人たちの中でも特に「長期安定」や「信頼・実績」を重視する、ハイエンド層(高所得者やある程度の資産がある人たち)に人気の、BMキャピタル(BM CAPITAL)についてここでは掘り下げていきたいと思います。

※ここで紹介するBMキャピタルは「10万円からコツコツ運用スタート」「一発当てて億万長者」といった方には、正直適していません。どちらが良い・優れているという話ではなく、あくまでも相性の問題です。

 

BMキャピタルは、ネット上での評判も良く、様々な特集が組まれるなど注目の存在です。

 

ここでは、そんなBMキャピタルについて、基本的な情報からおすすめとされる理由、運用の際の注意点まで、本気で資産形成したいと考えている人たちにはぜひ知っておいていただきたいポイントを解説していきたいと思います。

 

会社情報

BM-top
  • 名称:ビーエムシー合同会社
  • 英名:BMC LLC
  • 所在地:〒106-0032 東京都港区六本木7-18-1
  • 電話番号:03-3403-2508
  • 事業目的:
    (1)金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
    (2)各種事業への投資
    (3)有価証券の自己募集
    (4)経営コンサルティング業務
    (5)前各号に附帯する一切の業務

※BMキャピタルHPより抜粋

BM CAPITALは東京に本社を置く投資会社です。日本国内株式市場における価格と価値の差異に注目し、投資リスクに対し魅力的なリターンを有する証券を発掘し投資活動を行います。

⬇︎[公式]BMキャピタルへの問い合わせはこちらし⬇︎BM-banner

BMキャピタルが人気の3つの理由

BMキャピタル(BM CAPITAL)がヘッジファンドとしてどのように優れているかも重要ですが、まずは私たち投資家目線でどのような点が優れているのかを見ていきましょう。

ここがポイント

投資先を選ぶ際には、

  1. リターン・パフォーマンス
  2. 運用の手間
  3. 投資のハードル

の3つのポイントが重要になります。

そもそも①パフォーマンスが重要なのは当然ですが、②運用自体が非常に面倒だったり専門的な知識た経験が求められるものにも注意しなければいけません。そして、③そもそも投資のハードルが高すぎるもの(ex.1億円必要)では手の出し用がありません。

これら3つのポイントについて、BMキャピタルがどのように優れているのかを見ていきましょう。

 

十分に安定したリターン・パフォーマンス

まず初めに、資産運用を考えている人が最も気にするポイントである「リターン・パフォーマンス」から見ていきましょう。

BMキャピタルの公式ページによると、これまでの実績は以下の通りです。

bmc-3points

参考:BMキャピタル

 

「6年で資産価値2倍以上」「平均年間利回り10%以上」と素晴らしいリターンにも目が奪われますが、特に注目するべきは「過去にマイナスになった年0回」という安定感です。

ちなみにこの「過去」にはコロナショックで株価が大暴落した2019〜2020年も含まれています。

 

どんな運用であれ投資にはリスクが伴うため、多少の損失や短期的な上下は避けられないのが普通ですが、1年単位で見てマイナスになっていないのはプロのリスクマネジメントの賜物でしょう。

BMキャピタルは「資産を守る、損を出さないことを大前提に運用する」という投資方針であることも大きく関係しているでしょう。

詳しくは『BMキャピタルはどんな投資をしているのか』で掘り下げていきます。

 

もちろん平均年10%以上というパフォーマンスは十分すぎる高利回りです。

年10%で安定して運用できる場合、5年で1.6倍、10年で2.6倍にまで資産を増やすことができます。

堅実な資産形成を目指すのであれば、年5%程度を目標に運用できれば十分です。BMキャピタルの10%という数字は十分すぎるパフォーマンスです。

 

プロに任せて安心

BMキャピタルは、運用を一任する「ヘッジファンド」であるため、投資はすべてプロであるファンドが行います(と言うよりも、むしろ投資家は何もできません)

自分であれこれと調べたり考えたりしたい人には向いていませんが、投資に割く時間が十分に取れない人や、金融の知識や経験があまりない人、自分で運用する自信のない人にとっては、これほどうってつけのものはありません。

投資初心者であっても、ヘッジファンド(BMキャピタル)に出資して運用を任せれば、全員が同じリターンを得ることができます。

ヘッジファンドとは、元来「投資のプロであるファンドマネージャの手腕に相乗りする」仕組みであり、そこに出資している人はむしろ運用を任せたいと考えている人たちです。

 

実際に資産運用をする上で、「金融に関する知識」や「コツコツと継続すること自体のコスト」は見落とされがちな大きな落とし穴です。

そういった懸念がない点は、ヘッジファンドがあらゆる人におすすめできる重要なポイントです。

 

手の届く募集条件

ヘッジファンドは元々富裕層や資産家、機関投資家などから資金調達するものであり、一般には口コミや紹介で投資家を募るものです。

また、一般には「最低1億円」程度から受付となっており、とても一般人に手の届くものではありません。

富裕層向けの資産管理をする「PB(プライベートバンク)」では、海外のファンドなどを紹介してくれるケースもあるようですが、そもそもPBを利用(口座開設)するために、みずほ銀行だと「10億円」、SMBCで「5億円」以上の金融資産が必要になります。

 

BMキャピタルは、日本国内でのみ活動する中小規模のファンドであるため、海外のファンドほど募集のハードルは高くなく「最低1,000万円」から出資の相談を受け付けています。

また、公式ページからも資料請求や出資についての相談を受け付けているので、問い合わせることで誰でも投資することができます。

bm-contact

「1,000万円」というハードルは「誰でも簡単に」と言えるほどラクなものではありませんが、一定以上の収入・資産がある人にとっては、無謀な金額ではないでしょう(むしろ本気で資産形成を考えるのであれば、これくらいの資金は欲しいところです)

 

BMキャピタルも、いつまでこの条件で募集を続けるかはわかりません。少しでも興味があるのであれば、すぐに問い合わせをしてみることをおすすめします。

 

BMキャピタルの投資のポイントとは

  • 安定して年10%以上のリターンが期待
  • プロに任せてラクで安心
  • 最低1,000万円からの募集

と3拍子揃ったBMキャピタルですが、どんな運用をしているのか見ていきましょう。

 

BMキャピタルは

  • 安心して資産形成できるように安定したパフォーマンスを目指す
  • 損失を出さないことを最優先に運用する
  • バリュー投資を基本に十分に割安な株式にのみ投資し、短期的な上下に左右されない

という3段階の方針で投資を行います。

bmc-vmv

参考:BMキャピタル

 

「資産を守る」という鉄則からもわかるように、リスク管理を最優先し安定した運用を重視していることがわかります。それを実践するのが「バリュー投資」です。

 

バリュー投資とは、会社の資産価値(value)に着目し、価値に対して株価が低い割安な銘柄に投資する手法です。

十分に割安な株は、値下がりする可能性が低いため、損失するリスクを下げることができます。

 

BMキャピタルはどんな投資をしているのか

リスク回避を最優先に「バリュー投資」を基本にするBMキャピタルですが、損失をしにくい基盤を作った上で、さらにリターンを最大化するための工夫があります。

バリュー投資は、損をしにくい一方でリターンを得るまでに時間がかかるなど、収益性に課題も残ります。

 

BMキャピタルは、ヘッジファンドならではの資金力・交渉力を活かし、大株主として投資先の会社に働きかけ、株主への利益還元を最大化すべく様々な施策を提案しているようです。

これは、投資先の会社と対等に交渉できるヘッジファンドならではの強みでしょう。

過去の事例では

  • 自社株買い
  • 役員報酬の見直し
  • MBO価格の見直し

などを提案しているようです。

一般に情報公開されてはいませんが、投資家や資料請求をした人に対しては、投資実績として情報共有があるようです。

具体的な案件に興味がある人は、資料請求してみてはいかがでしょうか。

 

 

BMキャピタルで運用する際の注意点

ここまで紹介してきたように、BMキャピタルの運用は「低リスク・損をしない」ことがポイントであり、最も特徴的なメリットです。

ですが、投資には必ずリスクが伴うものであり、絶対に損をしないという保証はありません。

過去にマイナスになっていないとはいえ、今後もマイナスにならないわけではありません。BMキャピタルの公式ページにも「元本保証ではない」と明記されているので胆に銘じておきましょう。

参考:BMキャピタル

 

また、BMキャピタルのようなヘッジファンドの場合「ロックアップ期間」にも注意が必要です。

BMキャピタルは四半期毎の募集となっているため、おそらく解約も同じ頻度だとは思いますが、出資の際にはきちんと契約内容を確認するようにしてください。

 

ロックアップ期間とは

ヘッジファンドは、ある程度(数十〜数百人)限られた投資家からまとまった資金を調達するため、急激な資金の出入りを防ぐために、出資(入金)・解約(出金)の時期が定められています。ファンドによっては半年や1年単位の場合もあるので注意が必要です。

BMキャピタルが「怪しい」という点を気にする人もいるようですが、これについては正直言及が難しいところがあります
※投資に関する詐欺があるのも否定はできないので、十分に注意は必要です。

 

「絶対に大丈夫」という証明はできない(悪魔の証明)ですが、あくまで個人の見解では、知名度や実績の長さから考えてもBMキャピタルは信用できるファンドだと考えています。

少なくとも、投資をしている実績も公的に確認できます(複数社の大株主として大量保有報告書に記載あり)し、金融庁のヒアリングにも対応し、問題なくクリアしています。

 

BMキャピタルで運用するには

ここまで考察してきたようにBMキャピタル(BM CAPITAL)安定したパフォーマンスが期待でき、長期安定して資産形成したい人におすすめできるファンドです。

1,000万円以上のまとまった資産を運用したいと考えている人であれば、一度話を聞いてみても(資料請求だけでも)損はないと思います。

 

現時点では募集がありますが、今後いつまで募集が続くのかはわかりません。公式ページにも正式に問い合わせフォームが用意されているので、そこからコンタクトを取るのが良いでしょう。

⬇︎[公式]BMキャピタルへの問い合わせはこちら⬇︎BM-banner